ワークショップ『世界を救う大切なものを発見するコーヒーワールド』を開催

2019年6月16日(日)
《ワークショップのお知らせ》

日時 / 2019年6月16日(日) 10:00〜11:30  
場所 / 雪の科学館 映像ホール
 

ワークショップ
『世界を救う大切なものを発見するコーヒーワールド』

 
最近よく耳にするようになった【 SDGs 】
皆さま、ご存知でしょうか?

 
- SDGs とは?https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略です。
2030年までに、国、企業、団体、個人があらゆる垣根を超えて協力し、より良い未来をつくろうと国連で決まった17個の目標のことです。
この17目標(貧困や飢餓、環境やジェンダーの問題など)は、途上国のみならず先進国自身が考えて動くべきユニバーサル(普遍的)なものであり、日本も積極的に取り組んでいます。

そこで今回!雪の科学館では、館長の得意分野である「コーヒー」を通してSDGsを考えるワークショップを開催いたします。
SDGsとコーヒー、、、なんだか繋がらないような気がしますが、じつは私たちが何気なく飲んでいる一杯のコーヒーにも、知っておかなければならない世界規模の問題が隠れているのです。

雪の科学館館長であり日本コーヒー文化学会 会長の廣瀬幸雄先生と、同じく日本コーヒー文化学会 コーヒーサイエンス委員長である後藤裕先生を講師に迎え、その場で抽出した「一杯のコーヒー」を飲みながら、その背景にある様々な問題をみなさんで一緒に考えてみましょう!
 
 
 
尚、今回のワークショップは『世界一大きな授業』の一環として開催いたします。

世界一大きな授業(The World Biggest Lesson)とは、世界の問題に目を向け教育の大切さを考えようというギネスブックにも登録された地球規模のイベントです。
SDGsと世界一大きな授業を合わせて考えるワークショップ。雪の科学館初の試みです。
皆さま是非ご参加下さい!
(※対象は小学3年生〜中学生ですが、大人だけでのご参加も大歓迎です!是非お越し下さい)

—————————————————————————————————————————————————————————————————————————–

日時/2019年6月16日(日)10:00〜11:30
場所/雪の科学館 映像ホール
対象/小学校3年生〜中学生(大人も歓迎)
参加費/100円(入館料は無料になります)
定員/先着20名(お電話にてご予約下さい)

※ご予約は6月10日(月)で一旦締め切りますのでお早めにお願いいたします。

ご予約はお電話で
→TEL 0761-75-3323 (中谷宇吉郎 雪の科学館)
 
開催中・今後の企画展・イベント
更新日:2019年06月07日