雪のデザイン賞

雪のデザイン賞

「雪のデザイン賞」は、雪や氷をモチーフにしたジャンルを問わないデザイン作品のコンペティショ ンです。
2000年の中⾕宇吉郎⽣誕百年を記念して初めて実施し、その後も継続し全10回を重ねてきました。

*現時点では、第11回の開催は予定しておりません。今後の開催についてはこちらのページやSNSにてお知らせいたします。

趣旨

六⾓形を基本とした精緻で清らかな雪の結晶。
それは⾃然が造る最も美しいものの⼀つといえるでしょう。
⽯川県加賀市出⾝の物理学者 中⾕宇吉郎(1900-62)は、世界で初めて⼈⼯的に
雪の結晶を作ることに成功し「雪は天から送られた⼿紙である」という⾔葉を残しました。
宇吉郎が⽣涯研究した雪や氷を暮らしの中にデザインしてみませんか。

これまでの入賞作品と応募数

第10回 雪のデザイン賞(2019)

The Awarded Works at 10th Competition(2019)

第9回 雪のデザイン賞(2017)

The Awarded Works at 9th Competition(2017)

第8回 雪のデザイン賞(2015)

The Awarded Works at 8th Competition(2015)

第7回 雪のデザイン賞(2013)

The Awarded Works at 7th Competition(2013)

第6回 雪のデザイン賞(2011)

The Awarded Works at 6th Competition(2011)

第5回 雪のデザイン賞(2009)

The Awarded Works at 5th Competition(2009)

第4回 雪のデザイン賞(2007)

The Awarded Works at 4th Competition(2007)

第3回 雪のデザイン賞(2004)

The Awarded Works at 3rd Competition(2004)

第2回 雪のデザイン賞(2002)

The Awarded Works at 2nd Competition(2002)

第1回 雪のデザイン賞(2000)

The Awarded Works at 1st Competition(2000)