雪のデザイン賞第10回記念特別展『雪・それぞれの想い』

2021年3月13日(土)~28日(日) 会場:加賀市美術館

会期:2021年3月13日(土)—28日(日) 火曜日休館

時間:10:00-18:00 (入館は17:30まで)

会場:加賀市美術館 (加賀温泉駅から徒歩2分・アビオシティ加賀よこ)

※雪の科学館では開催しておりませんのでご注意ください

 

 


■企画展について

 本展は、中谷宇吉郎雪の科学館が主催する雪や氷をモチーフにした作品の公募展「雪のデザイン賞」が10回の節目を迎えたことを記念して、選りすぐりの入賞・入選作品を一堂に集めた展覧会です。
 加賀市出身の科学者・中谷宇吉郎の生誕100年記念事業の一つとして2000年に始まり、その後も隔年で続けられてきた「雪のデザイン賞」。これまで国内外からご応募いただいた作品の総数は2,659点にのぼり、素材・技法・ジャンルの枠組みを超え、それぞれが感じる「雪や氷」への想いが表現された素晴らしい作品が数多く生みだされてきました。
 雪博士と呼ばれ、雪氷学の礎を築いた宇吉郎博士は、身近に起きる現象に科学の眼と芸術の心をもって向かい、私たちに美しい言葉や絵でわかりやすく伝えてくれました。そのまなざしを、博士が生まれたこの地から公募展という形で発信できればという想いにより、開催を続けてまいりました。 『雪・それぞれの想い』の題に示したように、作品から作り手の「想い」も感じていただければと思います。ひいては伝統工芸や産業などの進展にも寄与することを願い、皆様にご高覧いただければ幸いです。

 

■主催
中谷宇吉郎 雪の科学館(指定管理者:雪の科学館指定管理者グループ)
■後援
石川県・加賀市・石川県デザインセンター・日本雪氷学会・雪センター・片山津温泉観光協会・山代温泉観光協会・山中温泉観光協会・加賀九谷陶磁器協同組合・山中漆器連合協同組合・加賀市観光交流機構・NHK金沢放送局・エフエム石川


開催中・今後の企画展・イベント
更新日:2021年02月01日